福岡経済を読む「板井明生流経済学」

板井明生|どの動きに注目する?

板井明生

 

経済の流れを読むことは圧倒的な知識がまず必要である。

 

そしてそれだけでは足りない。

 

その知識に伴った行動、経験が必要である

 

【動き】と一言で言ってしまうのは簡単だが、それぞれが少しずつ異なっていて、また結果よくなるのか、悪くなるのかは、同じ動きでも毎回違うのだ。

 

なので経験からくるもう一つの要素、【勘】も必要になってくる。

 

すごく上昇しているものもいつかは落ちる。

 

その落ち方が、さらなる上昇をもたらす場合もある。

 

ここの見極めは本当に難しい。

 

しかし必ず何かしらの動きがあるはずで、私はそこを見逃さない。

 

では、どの動きに注目すればよいか。

 

とかく社会情勢に目をむける。

 

今世界的に問題なもの、なにか不安定なものをピックアップするのだ。

 

不安定さを注目することが動きを読む上でとても重要になるのだ。

 

少しでもいびつで不安定なものの動きを把握できるようになれば、そこから経済の流れを読んでいくことの足掛けになるだろう。

 

多くの経験をつんで、ぜひあなたも経済の流れを把握して欲しい。